外壁塗装で素敵な店舗にコーディネイト!|店舗改革への道

屋根

スペースを分ける

一軒家

ゾーイングについて

これまでのページで、店舗併用住宅に関するさまざまなことをご紹介してきましたね。では、このページではもう少し深いところのお話をしていきたいと思います。それは、「ゾーニング」と呼ばれるものです。やはり、店舗併用住宅ですから「職」と「住」のゾーニングというのは改築前にしっかりと決めていかなくてはいけませんよね。この場合、基本的なゾーニングとして3種類のタイプが存在します。それぞれ、用途なども異なってきますので一番理想に近い形を選んで参考にすると良いでしょう。まず、一つ目のゾーニングパターンですがそれは「上下階分離型」と呼ばれるものです。これは、一階部分を店舗、上階部分を住宅にするのがオーソドックスなスタイルです。業種や環境によっては、上下階逆のほうが効果的なこともあります。三階建てなら、生活エリアにも余裕が生まれるので理想の暮らしが手に入れやすいです。そして、次に「縦割り分離型」と呼ばれるものです。これは、店舗スペースに広さが必要な場合であったり、複合型の店舗を考えている場合に効果的です。職と住を、分離化することも可能ですが内部接続の計画によってはスムーズに店舗と住居のコンタクトが取れます。最後の一つが、部分店舗型と呼ばれるパターンです。これは、コンパクトなスペースで店舗エリアを展開できます。さらに、住居エリアも余裕が生まれるのも利点の一つです。店舗フロアを、うまく使えば接客にも家族の生活にも使える中間領域になりますよ。